プラットフォームについて

名古屋市SDGs推進プラットフォームとは

 名古屋市では、市域全体におけるSDGsの取り組みの一層の向上を図るため、SDGsの理念に基づいて持続可能な地域・社会づくりに取り組む企業・団体・大学等を会員とする「名古屋市SDGs推進プラットフォーム」を設置しています。プラットフォームに登録した会員の取り組み等について発信するとともに、会員同士の連携強化やパートナーシップ構築を促進することで、産官学民でSDGsの推進力を生み出し、「世界に冠たるNAGOYA」を実現していきます。

主な活動

  • SDGsの情報発信及び情報共有
  • 会員間の情報・意見交換の場づくり
  • SDGsの普及啓発
  • SDGs達成に向けた取り組みを
    進める会員のサポート

会員の主なメリット

  • メリット①

    市が運営する本サイトに
    会員情報を掲載することで
    対外的なPRができます。

  • メリット②

    他の会員との
    交流・連携の
    機会につながります。

  • メリット③

    連携パートナーなどによる
    SDGs教育をはじめとした 支援の機会や、市からの
    情報などが得られます。

連携パートナー

名古屋市SDGs推進プラットフォームでは、東京海上日動火災保険株式会社及び名古屋市信用保証協会に「連携パートナー」としてご参画いただいています。
連携パートナーには、セミナー等の運営協力をいただくほか、会員の活動支援として、カードゲームを活用したSDGs啓発プログラムや、会員向けの保証制度などのサポートメニューの提供をいただいています。
連携パートナーからのサポートメニューの詳細は以下からご覧いただき、サポートを希望する会員の方はそれぞれの問い合わせ先まで直接ご連絡ください。

サポートメニュー

経営サポーター

名古屋市SDGs推進プラットフォームでは、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社名古屋銀行、株式会社愛知銀行、株式会社中京銀行に「経営サポーター」としてご参画いただいています。
経営サポーターには、会員の活動支援として、SDGsの推進に資する各種サポートメニューの提供をいただいています。
経営サポーターからのサポートメニューの詳細は以下からご覧いただき、サポートを希望する会員の方はそれぞれの問い合わせ先まで直接ご連絡ください。

サポートメニュー
※ 内容によっては、有料の場合があります。