分科会

分科会とは

分科会は、名古屋市SDGsプラットフォーム会員※が、他の会員と連携して取り組みたい活動を提案し、賛同する会員とそれぞれの強みや知見を共有し、協力しながら課題の調査・検討、プロジェクトの推進を行うものです。
名古屋市SDGsプラットフォーム会員は、分科会を設置することや、興味・関心のある分科会へ参加することができます。
詳しい内容については、「分科会運営要領」及び「分科会運用の手引き」をご確認ください。

※連携パートナー、経営サポーター及び名古屋市の組織も提案者となることが可能。

設置している分科会の紹介

参加者
募集中
「アジア・アジアパラ競技大会を盛り上げる」分科会
提案者(会員名):名古屋市(総務局総合調整部アジア・アジアパラ競技大会推進室)
活動計画書のダウンロード
活動報告書

[分科会への参加方法]
分科会への参加を希望する会員は、提案者の連絡先に直接申し込んでください。
分科会への参加は、提案者、参加希望者双方の合意の上で決定してください。

分科会活動の流れ

分科会活動の流れ

分科会の設置(提案方法)

・自ら分科会を立ち上げ、共通課題の検討や連携など活動を行いたい会員は、活動計画書(様式1-1、1-2)に必要事項を記載し、事務局に提出します。 ・事務局は、提出された活動計画書を確認し、内容に問題が無ければ分科会の設置を認めます。 ・事務局は、設置を認めた分科会の情報を専用ウェブサイトへ掲載します。併せて、メーリングリストにて全ての会員へ共有し、参加者を募集します。 ・分科会への参加者が提案者含め複数となった場合には、構成員報告書(様式2)を事務局に提出し、活動を始めて下さい。活動期間は、最大で当該年度末までとします。

分科会活動の実施

分科会は、原則分科会長(提案者)が招集し、活動を実施してください。また、分科会活動の開始にあたっては、原則キックオフミーティングを実施してください。

分科会の活動報告

・分科会長(提案者)は、分科会活動を実施したら、その都度、活動状況を活動報告書(様式3-1)により事務局に報告してください。
事務局は、分科会の活動状況を適宜、専用ウェブサイトに掲載します。
・分科会長(提案者)は、活動の終了時または当該年度末に活動成果報告書(様式3-2)を事務局へ提出してください。事務局は、活動成果を専用ウェブサイトへ掲載します。

注意事項

・分科会は自主活動となりますので、各分科会の活動内容イベント等について、名古屋市SDGsプラットフォーム事務局が管理・保証するものではありません。 ・分科会活動において知りえた情報は、他の参加者の許可なく第三者へ開示または漏洩することはできません。 ・分科会活動において生じたトラブル等は、参加者が責任を持って解決してください。

分科会様式類