名古屋市SDGs推進プラットフォーム会員情報

オリーブの木司法書士事務所

SDGs17ゴールの
うち注力する分野
16:平和と公正をすべての人に
その他関連する分野 01:貧困をなくそう 03:すべての人に健康と福祉を 04:質の高い教育をみんなに 05:ジェンダー平等を実現しよう 10:人や国の不平等をなくそう 11:住み続けられるまちづくりを 17:パートナーシップで目標を達成しよう
取り組み・活動の概要
(予定を含む)
司法書士業務を生かして、一人ひとりがSDGsについて考え行動します。
①任意後見や家族信託を通して、安心して自分らしく暮らせる仕組みづくりをします。
②空き家問題や所有者不明土地問題への積極的に取り組みます。
③法律相談を通して、使える法的制度の活用を支援します。
他の会員と連携
可能な自社の強み
認知症による財産凍結には、家族信託の活用が有効です。
本人が安心して暮らすため、事前対策が欠かせません。
生前から相続発生後まで、トータルでサポートできます。
他の会員と連携して
取り組みたい課題
認知症による財産凍結対策のため、不動産などの財産の生前における活用
相続した不動産の利活用や売却

団体情報

団体名 オリーブの木司法書士事務所
所在地 名古屋市中区
区分 企業(学術研究、専門・技術サービス業)
URL https://olivetree-shihoushoshi.com/sdgs%e5%ae%a3%e8%a8%80/